○駿東伊豆消防組合における標準的な職及び標準職務遂行能力を定める規程

平成29年3月31日

訓令甲第7号

(趣旨)

第1条 この規程は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第15条の2第1項第5号及び第2項の規定に基づき、標準的な職(同項に規定する標準的な職をいう。以下同じ。)及び標準職務遂行能力(同条第1項第5号に規定する標準的職務遂行能力をいう。以下同じ)を定めるものとする。

(標準的な職)

第2条 消防吏員の標準的な職は、別表第1の左欄に掲げる階級及び同表の中欄に掲げる補職名に応じ、それぞれ同表の右欄に掲げるとおりとする。

2 消防吏員以外の職員の標準的な職は、別表第2の左欄に掲げる補職名に応じ、それぞれ同表の右欄に掲げるとおりとする。

(標準職務遂行能力)

第3条 消防吏員の標準職務遂行能力は、別表第3の左欄に掲げる標準的な職の区分に応じ、同表の右欄に定めるとおりとする。

2 消防吏員以外の標準職務遂行能力は、別表第4の左欄に掲げる標準的な職の区分に応じ、同表の右欄に定めるとおりとする。

(委任)

第4条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、任命権者が別に定めるものとする。

附 則

この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成30年1月18日訓令甲第1号)

この訓令は、平成30年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

階級

補職名

標準的な職

消防監

消防次長、部長、方面本部長、参事、消防署長

部長

消防司令長

課長、副参事、消防署長

課長

消防司令

課長補佐、室長、副室長、主幹、消防副署長、救急ワークステーション所長、分署長、当直司令、統括指導官

課長補佐

消防司令補

係長、主査、出張所長

係長

消防士長

係員、所員

主任

消防副士長

係員、所員

係員

消防士

別表第2(第2条関係)

補職名

標準的な職

課長補佐、主幹

課長補佐

係長、主査

係長

主任主事

係員

主事、主事補

別表第3(第3条関係)

標準的な職

標準職務遂行能力

部長

倫理

全体の奉仕者として、高い倫理観を有し、部の重要課題に責任をもって取り組むとともに、服務規律を遵守し、公正に職務することができる

構想

所管行政を取り巻く状況を的確に把握し、先々を見通しつつ、住民の視点に立って、部の重要課題について基本的な方針を示すことができる。

判断

部の重要課題について、高い識見を持って冷静かつ迅速に適切な判断を行うことができる。

説明・調整

所管行政について適切な説明を行うとともに、組織方針の実現に向け、消防長を助け、関係者と困難な調整を行い、職場内外において合意を形成することができる。

業務運営

関連分野への影響を把握し、幅広い視野から適切に業務を運営することができる。

組織統率・人材育成

高い指導力を発揮し、部下の統率を行い、成果を挙げるとともに、部下の指導育成を行うことができる。

指揮(災害現場において活動する消防吏員)

災害状況を把握した上で、自ら活動方針を決定し、全部隊の統括的な指揮を行うことにより、成果を挙げることができる。

課長

倫理

全体の奉仕者として、高い倫理観を有し、所掌する事務の課題に責任をもって取り組むとともに、服務規律を遵守し、公正に職務することができる。

構想

所管行政を取り巻く状況を的確に把握し、住民の視点に立って、所掌する事務の課題について対応するための方針を示すことができる。

判断

所掌する事務の責任者として、豊富な知識・経験及び情報に基づき、適切な判断を行うことができる。

説明・調整

所管行政について適切な説明を行うとともに、組織方針の実現に向け、関係者と調整を行い、職場内外において合意を形成することができる。

業務運営

適切に業務を配分し、進捗管理及び的確な指示を行うことができる。

組織統率・人材育成

部下の統率を行い、成果を挙げるとともに、部下の指導・育成を行うことができる。

指揮(災害現場において活動する消防吏員)

災害状況を把握した上で、自ら活動方針を決定し、全部隊の統括的な指揮を行うことにより、成果を挙げることができる。

課長補佐

倫理

全体の奉仕者として、担当業務の第一線において課題に取り組むとともに、服務規律を遵守し、公正に職務を遂行することができる。

企画・立案、課題対応

担当業務について、問題点を的確に把握し、施策の企画・立案や課題対応の実務の中核を担うことができる。

判断

自ら処理すべき事案について、適切な判断を行うことができる。

説明・調整

担当する事案について論理的な説明を行うとともに、関係者と調整を行うことができる。

業務遂行

段取りや手順を整え、効率的かつ効果的に業務を進めることができる。

部下の活用・育成

部下の活用を行うとともに、指導・育成を行うことができる。

指揮(災害現場において活動する消防吏員)

災害状況を的確に把握した上で、自らも具体的な活動方針を決定し、出動部隊の指揮を行うことにより、成果を挙げることができる。

係長

倫理

全体の奉仕者として、責任をもって業務に取り組むとともに、服務規律を遵守し、公正に職務を遂行することができる。

課題対応

業務に必要な知識・技術を十分に有しており、課題に対応することができる。

説明・協調性

担当する事案について分かりやすい説明を行うとともに、職場内外において協力的な関係を構築することができる。

業務遂行

計画的に業務を進め、担当業務全体のチェックを行い、確実に業務を遂行することができる。

部下の活用・育成

部下の活用を行うとともに、指導・育成を行うことができる。

指揮(災害現場において活動する消防吏員)

災害状況を的確に把握し、上位階級者を補佐するとともに、自らも具体的な活動方針を決定し、出動部隊の指揮を行うことができる。

主任

倫理

全体の奉仕者として、責任をもって業務に取り組むとともに、服務規律を遵守し、公正に職務を遂行することができる。

知識・技術

業務必要な知識・技術を有している。

コミュニケーション

職場内外において円滑かつ適切なコミュニケーションをとることができる。

業務遂行

計画的かつ確実に業務を遂行することができる。

指揮・消防活動(災害現場において活動する消防吏員)

災害状況を的確に把握し、上位階級者の下命又はこれがないときには自らの判断により自隊の活動方針を決定し、指揮及び消防活動を行うことができる。

係員

倫理

全体の奉仕者として、責任をもって業務に取り組むとともに、服務規律を遵守し、公正に職務を遂行することができる。

知識・技術

業務に必要な知識・技術を習得することができる。

コミュニケーション

上司・同僚等と円滑かつ適切なコミュニケーションをとることができる。

業務遂行

計画的に業務を遂行することができる。

消防活動(火災現場において活動する消防吏員)

自己の隊長の下命の下、災害状況に応じて、より効果的な消防活動を行うことができる。

別表第4(第3条関係)

標準的な職

標準職務遂行能力

課長補佐

倫理

全体の奉仕者として、担当業務の第一線において課題に取り組むとともに、服務規律を遵守し、公正に職務を遂行することができる。

企画・立案、課題対応

担当業務について、問題点を的確に把握し、施策の企画・立案や課題対応の実務の中核を担うことができる。

判断

自ら処理すべき事案について、適切な判断を行うことができる。

説明・調整

担当する事案について論理的な説明を行うとともに、関係者と調整を行うことができる。

業務遂行

段取りや手順を整え、効率的かつ効果的に業務を進めることができる。

部下の活用・育成

部下の活用を行うとともに、指導・育成を行うことができる。

係長

倫理

全体の奉仕者として、責任をもって業務に取り組むとともに、服務規律を遵守し、公正に職務を遂行することができる。

課題対応

担当業務に必要な専門的知識・技術を習得し、問題点を的確に把握し、課題に対応することができる。

説明・協調性

担当する事案について分かりやすい説明を行うとともに、職場内外において協力的な関係を構築することができる。

業務遂行

計画的に業務を進め、担当業務全体のチェックを行い、確実に業務を遂行することができる。

係員

倫理

全体の奉仕者として、責任をもって業務に取り組むとともに、服務規律を遵守し、公正に職務を遂行することができる。

知識・技術

業務に必要な知識・技術を習得することができる。

コミュニケーション

上司・同僚等と円滑かつ適切なコミュニケーションをとることができる。

業務遂行

意欲的に業務に取り組むことができる。

駿東伊豆消防組合における標準的な職及び標準職務遂行能力を定める規程

平成29年3月31日 訓令甲第7号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第2章 定数・任用
沿革情報
平成29年3月31日 訓令甲第7号
平成30年1月18日 訓令甲第1号