○消防法施行令第36条第2項第2号の規定に基づく消防設備士免状の交付を受けている者等に点検させなければならない防火対象物の指定

平成28年4月1日

消防本部告示第7号

消防法施行令(昭和36年政令第37号。以下「令」という。)第36条第2項第2号の規定に基づき、消防設備士免状の交付を受けている者又は総務省令で定める資格を有する者に点検をさせなければならない防火対象物を次のとおり指定する。

1 令別表第1(5)項ロ、(7)項、(8)項、(9)項ロ、(10)項から(15)項まで、(16)項ロ及び(17)項に掲げる防火対象物で、延べ面積が1,000平方メートル以上のもの

2 令別表第1(18)項に掲げる防火対象物のうち道路の全面を覆うもので、延べ面積が1,000平方メートル以上のもの

附 則

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

消防法施行令第36条第2項第2号の規定に基づく消防設備士免状の交付を受けている者等に点検…

平成28年4月1日 消防本部告示第7号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第7編 務/第2章 火災予防
沿革情報
平成28年4月1日 消防本部告示第7号