○駿東伊豆消防組合契約業者等審査委員会規程

平成28年4月1日

訓令甲第16号

(設置)

第1条 駿東伊豆消防組合が行う契約について、適正かつ円滑な事務処理を行うため、駿東伊豆消防組合契約業者等審査委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(審議事項)

第2条 委員会は、次に掲げる事項を審議する。

(1) 入札参加資格者の登録資格審査に関する事項

(2) 契約の方法に関する事項

(3) 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号。以下「令」という。)第167条に規定する指名競争入札による場合の指名に関する事項

(4) 令第167条の2に規定する随意契約に関する事項

(5) 令第167条の4に規定する一般競争入札による場合の資格審査及び公告に関する事項

(6) 入札参加資格者の指名停止に関する事項

(7) 入札及び契約の制度に関する事項

(8) 前各号に掲げるもののほか、組合管理者又は次条第2項に規定する委員長が必要と認める事項

(組織等)

第3条 委員会は、消防部長、総務課長、予防課長、警防救急課長、通信指令課長及び沼津北消防署長の職にある者(以下「委員」という。)をもって組織する。

2 委員会に委員長及び副委員長を置き、委員長は消防部長の職にある者、副委員長は委員の中から委員長が指名する者をもって充てる。

3 委員長は、委員会に関する事務を総理し、会議の議長となる。

4 副委員長は委員長を補佐し、委員長に事故があるときは、副委員長がその職務を代理する。

(会議)

第4条 委員会の会議は、必要の都度委員長が招集する。

2 委員会の会議は、委員の3分の2以上が出席しなければ開くことができない。

3 委員会の議事は、出席委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、委員長が決定する。

4 委員会の会議は、公開しないものとする。

(関係者の出席)

第5条 委員長は、必要があると認めるときは、委員会の会議に関係職員を出席させて意見を聴くことができる。

(専決処分)

第6条 災害その他緊急の必要により契約を行う場合において、委員会を招集するいとまがないときは、委員長は、当該審議事項を専決処分することができる。

2 前項の規定により専決処分したときは、委員長は、これを委員会に報告しなければならない。

(作業部会)

第7条 第2条第7号に規定する審議事項の調査研究等を行わせるため、委員会に入札契約制度作業部会(以下「作業部会」という。)を置くことができる。

2 作業部会は、次に掲げる者をもって組織する。

(1) 総務課長の職にある者

(2) 委員の中から委員長が指名する者 1人

(3) 委員以外の職員の中から委員長が指名する者 5人以内

3 作業部会に部会長及び副部会長を置き、部会長は前項第1号に掲げる者を、副部会長は同項第2号に掲げる者をもって充てる。

4 部会長は、作業部会に関する事項を総理する。

5 副部会長は、部会長を補佐する。

(作業部会の開催)

第8条 作業部会の会議は、必要の都度部会長が招集し開催する。

2 作業部会の会議は、作業部会のメンバーの半数以上が出席しなければ開くことができない。

(庶務)

第9条 委員会の庶務は、総務課において処理する。

(秘密の保持)

第10条 委員長及び委員並びに関係職員は、委員会の会議の内容について、外部に漏れることのないよう秘密を保持しなければならない。

附 則

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

駿東伊豆消防組合契約業者等審査委員会規程

平成28年4月1日 訓令甲第16号

(平成28年4月1日施行)