○駿東伊豆消防組合消防署の組織に関する規程

平成28年4月1日

消防本部訓令甲第1号

消防署の組織等に関する規程(昭和48年田方地区消防組合規程第2号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規程は、消防組織法(昭和22年法律第226号)第10条第2項の規定に基づき、消防署(以下「署」という。)の組織について必要な事項を定めるものとする。

(組織)

第2条 署に別表に掲げる分署、出張所及び係を置く。

2 分署に別表に掲げる係を置く。

(事務分掌)

第3条 署の事務分掌は、次のとおりとする。

(1) 署員の勤務に関すること。

(2) 署員の福利厚生に関すること。

(3) 署員の公務災害等に関すること。

(4) 公印の管理に関すること。

(5) 物品の管理に関すること。

(6) 文書の収受、発送及び保管に関すること。

(7) 安全運転管理に関すること。

(8) 消防署長が行う表彰に関すること。

(9) 署の沿革に関すること。

(10) 庁舎の維持管理に関すること。

(11) その他庶務に関すること。

(12) 火災予防の指導及び広報に関すること。

(13) 管内統計に関すること。

(14) 予防査察及び違反処理に関すること。

(15) 火災予防関係の申請及び届出の受理に関すること。

(16) 消防法令適合通知書に関すること。

(17) 防火安全に係る意見書に関すること。

(18) 消防用設備等の指導及び検査に関すること。

(19) 防火管理者、消防設備士及び危険物取扱者の指導育成に関すること。

(20) 火災原因及び損害の調査並びに証明に関すること。

(21) 危険物製造所等の届出の受理及び検査に関すること。

(22) 火薬類取締法(昭和25年法律第149号)に基づく煙火消費許可に関すること。

(23) 液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律(昭和42年法律第149号)、高圧ガス保安法(昭和26年法律第204号)、ガス事業法(昭和29年法律第51号)に基づく届出及び立入検査に関すること。

(24) 防火関係団体に関すること。

(25) その他消防本部で行わない予防事務に関すること。

(26) 車両及び警防資機材の管理に関すること。

(27) 警防査察に関すること。

(28) 警防統計に関すること。

(29) 消防地理及び水利に関すること。

(30) 警防訓練の企画及び実施に関すること。

(31) 警防計画の策定及び修正に関すること。

(32) 水火災、地震等の警戒防御に関すること。

(33) 住民に対する消防訓練指導に関すること。

(34) 消防団との連携に関すること。

(35) 救助資機材の管理に関すること。

(36) 救助統計に関すること。

(37) 救助訓練の企画及び実施に関すること。

(38) 救助計画の策定及び修正に関すること。

(39) 救急器具及び救急施設の維持管理に関すること。

(40) 地域医療機関との連絡調整に関すること。

(41) 救急統計に関すること。

(42) メディカルコントロール協議会に関すること。

(43) 救急訓練及び研修に関すること。

(44) 応急手当普及啓発に関すること。

(45) 救急搬送証明に関すること。

(46) その他警防、救助及び救急に関すること。

(職の設置)

第4条 署に消防署長、当直司令及び係長を置き、必要に応じ消防副署長を置くことができる。

2 分署に分署長、出張所に出張所長を置く。

3 分署に係長を置くことができる。

4 前3項に定めるもののほか、副参事、統括指導官、主幹及び主査を置くことができる。

(方面体制)

第5条 災害発生時の指揮命令系統を明確化するため、次の方面体制を組織する。

方面

構成消防署

第1方面

沼津北消防署、沼津南消防署、清水町消防署

第2方面

田方中消防署、田方北消防署、田方南消防署

第3方面

伊東消防署、東伊豆消防署

3 方面本部長は、担当方面の警防活動を掌理し、戦略的判断に基づき指揮を行う。

(補職と階級)

第6条 第4条に定める職については、次の各号の区分に応じ、当該各号に定める階級にある者をもって充てる。

(1) 消防署長、副参事 消防監又は消防司令長

(2) 消防副署長、分署長、当直司令、統括指導官、主幹 消防司令

(3) 係長、主査、出張所長 消防司令補

(職務)

第7条 消防署長は、上司の命を受けて消防事務を統括し、所属職員を指揮監督する。

2 副参事は、上司の命を受け、特に指定された事務を処理する。

3 消防副署長は、署長を補佐して職務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

4 分署長、当直司令、主幹、係長、主査、出張所長は、上司の命を受け、分掌事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

(その他の消防吏員)

第8条 第4条に規定する職のほか、署、分署及び出張所に必要な消防吏員を置く。

2 前項に規定する消防吏員は、上司の命を受け分担事務を処理する。

(職務代理)

第9条 消防署長に事故があるとき、又は欠けたときは、あらかじめ消防署長が指名した者が、その職務を代理する。

(補則)

第10条 この規程に定めるもののほか、必要な事項については、消防長の承認を得て消防署長が定める。

附 則

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年1月13日消本訓令甲第1号)

この訓令は、平成29年1月25日から施行する。

附 則(平成29年3月30日消本訓令甲第2号)

この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

署・分署

係・出張所

位置

東伊豆消防署

予防係

賀茂郡東伊豆町稲取17番地の10

警防係

救急係

伊東消防署

庶務係

伊東市桜木町1丁目1番3号

予防係

警防係

救助係

救急係

宇佐美出張所

伊東市宇佐美1641番地の7

吉田出張所

伊東市吉田571番地の2

伊東消防署八幡野分署

消防係

伊東市八幡野1189番地の107

救急係

田方北消防署

庶務係

田方郡函南町仁田394番地の1

予防係

警防係

救助係

救急係

田方中消防署

庶務係

伊豆の国市白山堂327番地の1

予防係

警防係

救急係

田方南消防署

庶務係

伊豆市日向51番地の1

予防係

警防係

救助係

救急係

西出張所

伊豆市土肥701番地

沼津北消防署

庶務係

沼津市寿町2番10号

予防係

警防係

救助係

救急第一係

救急第二係

沼津北消防署原分署

消防係

沼津市原1431番地の10

救急係

沼津南消防署

庶務係

沼津市吉田町20番1号

予防係

警防係

救助係

救急係

大平出張所

沼津市大平1442番地の6

内浦出張所

沼津市内浦三津88番地の12

西浦出張所

沼津市西浦立保22番地の1

戸田出張所

沼津市戸田1306番地の1

沼津南消防署静浦分署

消防係

沼津市獅子浜14番地の1

救急係

清水町消防署

庶務係

駿東郡清水町堂庭212番地の1

予防係

警防係

救急係

駿東伊豆消防組合消防署の組織に関する規程

平成28年4月1日 消防本部訓令甲第1号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第3編 組織・処務/第1章
沿革情報
平成28年4月1日 消防本部訓令甲第1号
平成29年1月13日 消防本部訓令甲第1号
平成29年3月30日 消防本部訓令甲第2号